日米の法律に精通した経験豊かな専門家

DSAは日米の文化・言語に精通しており、eDiscoveryを含む訴訟や情報管理規定策定等の経験も豊かで、日本企業が米国での訴訟における問題点を熟知しています。問題は、米国の法律、または文化あるいは言語が起因の問題であったりします。

米国の法律事務所からの請求書はなぜこんなに高いのか?と疑問に思ったことはありませんか?また、米国の訴訟は日本のものとは全然違うのはわかるが、代理人に何を聞けばよいのか?と思ったことがあると思います。日本の法制度米国の法制度の両方に適応させた情報管理規定を設けて、運用したいがどうしたらよいのか?と思ったことはありませんか?これらの疑問点を解消し、お客様がスムーズな事業を運営をするためにDSAは存在いたします。

 

日米の法律及び文化に精通し、日本語・英語ともに堪能な弁護士がご相談にのり、問題の解消ための対応に当たります。

 

*リアルタイムでの電話会議が行いやすい立地

カリフォルニアは、日本との時差が17時間(サマータイムのときは16時間)あり、日本が午前9時の場合、カリフォルニアは午後4時(サマータイム時は5時)と、電話会議などが行いやすい立地です。

 

 

Photo gallery: A look at our legal practice

A Look at Our Legal Practice

連絡先

DSA Legal Solutions, Professional Corporation

 

6601 Center Drive West, Suite 500

Los Angeles, CA 90045

 

Phone

+1 424/380 2291

 

E-mail

info@dsajp.com

 

又は コンタクトフォームをお使いください。

 

東京オフィス

〒105-0001

東京都港区虎ノ門4-3-20神谷町MTビル14階

 

Phone: +81 3/5404-3413

営業時間

0900 - 1700 (月-金)

土・日及び祝日はお休みとさせていただきます。

 

News

Print Print | Sitemap
© DSA Legal Solutions, Professional Corporation